起立性調節障害

起立性調節障害の症状

  • 朝起きられない
  • 腹痛や頭痛
  • めまいや吐き気
  • 夜眠れず、生活サイクルが乱れる
  • 昼~夕方にかけ徐々に回復してくる
  • 立ちくらみ・不安、精神的不安定

患者さんの傾向では年々増加しており、やや男子に多く一度小学生の時に診断された経験のある子が多いです。ストレスはあまりないと感じているか、あっても何がストレスか自分ではわかっていません。

ただ、この症状はカラダとココロ両方、さらに学業のプレッシャーが深く関わっていますので、改善は本人の意欲とご家族の理解が重要です。

学校に行けなくなると勉強の遅れや出席日数の不安がよぎり、受験を控えている場合は親御さんも不安になります。
コミュニケーション量が減るため、疎外感を感じ別の理由で学校に行けなくなってしまう子もいます。

症状に対する不安が大きくなり、外出を嫌がり引きこもりになってしまう事もあります。
子どもの社会は逃げ場がないため、大人の想像を超えるストレスがかかっている場合がありますので、親が動揺せず安心させることも必要な要素です。

起立性調節障害の治療

ほとんどのお子さんはまず病院にかかると思います。そこで医師が必要な検査を行い、器質的な異常やほかの病気がないか細かく調べます。
起立性調節障害は基本的に検査で器質的な異常は見つかりません。

低体温や低血圧は見受けられても、低血圧や低体温の子が全員起立性調節障害にかかるわけではないので原因とはいえないのです。
病院では投薬治療が中心で、血圧を上げる薬や、痛み止め、漢方などが処方されます。場合によっては心療内科領域の薬が出されます。

当院の起立性調節障害の治療の考え方

症状の引き金は自律神経の乱れですので自律神経のバランスをとる施術をします。当院では内臓マニュピレーションを第一選択として提案しています。

その後の経過によって心の問題とも向き合う機会を用意します。施術に頼りすぎだと根本的な解決には結びつかないからです。

起立性調節障害に限らず、どんな痛みや不調も身体が症状を使って表現する理由が必ずあります。それはストレスかもしれませんし、違う理由の事もありますが、思春期特有の心身のバランスも考慮し、当院は根本的に健康な状態に戻るサポート役として関わります。

自力で起立性調節障害を克服するには

テスト勉強でも、まずは自分は何が苦手なのかを知り、どうすればよいか分かれば効率よく成績が上がります。治療では現状を正しく理解することです。

症状がよくなればすべてうまくいくように考えられがちですが、心とからだはつながっているので心の問題は無視できません。
起立性調節障害は自分の人生が大きく変わるチャンスです。変化を遂げればずっと続くものではありません。

人間の生きる基本は飲食、身体活動、精神活動、呼吸です。自分の食生活、運動量、ストレス、呼吸を深くしているか?確認して改善していきましょう。
自力でうまくいかない場合、病院の治療以外の方法をお探しの方はご相談ください。

WEBなら簡単に予約できます

初回特別施術は好評のためタイミングを見計らっていると予約が取れないこともございます。

施術中は留守電になっているためつながりにくいですが、専用の予約フォームなら休日夜間もすぐに予約受付が完了!

【入力は簡単ステップ】
①お悩みの症状
②予約を第二希望まで
③鍼灸または整体、施術にご指定がある場合はその旨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です