整体の“可能性”

手術と言われていた腱鞘炎がなくなった例

ある日、初めて来た方は70代の女性。腰痛と10年以上続く腱鞘炎。
心配した家族が連れてこられました。

当院に来る前まで、腱鞘炎は月1回都内の有名な医師に注射をしてもらってしのぎ、手術のタイミングを見計らっていたそうです。

3回目くらいにご本人がこう言いました。
「腱鞘炎が全然痛くなくなっちゃったの!あんなに痛くて気にしていたのにウソみたい。」

その後も手は症状が戻ることなく、腰の痛みも軽くなり昔習っていた水泳を再開して泳げるほどに回復しました。

腰痛にも腱鞘炎にも直接何か施術したわけではありません。
症状に対して何もしないけど楽になっていく。
年齢関係なく、他にも似たような例があります。

整体でお手伝いはしましたが、回復したのはご自身の内側、身体の力であることを忘れないでください。

どうして身体の力なの?

昔は食事、東洋医学のような伝統療法や、家庭の医学が主流で自然治癒力を活用していました。

今のような現代医学は普及して70年ぐらいのごく最近です。

日本の人口が今よりも半分だった頃の医療費と比べ、現在の医療費はというと2倍どころではなく180倍にも膨れ上がり、医源病というクスリや治療からくる二次的な病気も増えています。

一部の病気や緊急を要することを除いて、ほとんどの症状は自律神経をはじめとする身体の力が落ちてることが原因です。

ゆがみは本当の原因ではない

ゆがみにも原因があるのでゆがみを直しても根本解決ではありません。

使い方のクセだけでなく、内臓の状態、精神的な状態でもゆがむのですが矯正だけするからおかしくなります。身体がゆがみたくなる原因にアプローチするのが私の整体です。

施術の時は聞く・見る・触れて情報を得ることを大切にしています。

ひとりひとりの状態に合った調整をするのは経験値と直感です、機械や、施術がマニュアル化された一般的な整体や整骨院ではできないことです。

整体を受けた方の声

痛みを気にして過ごすことがなくなりました。(埼玉県在住)K.Iさん

長年首コリと腰の痛みがあり、マッサージを受けたりしていましたが痛いところをほぐしてもらってもすぐに元通り。ぎっくり腰を繰り返すようになって他の方法を探していました。

今までとは逆で痛いところをほとんど触らないのに身体の力が抜けて痛みが取れていくので不思議でした。
通っていくうちに普段から痛みを気にして過ごすことがなくなって、あんなにずっと悩んでいたのにって思います。

毎回どんな変化があるか楽しみです!

いつも不思議(柏市30代女性)

腰が痛いのに腰を余り触らないで全然違うところに施術するのに腰が楽になります。

肉体を酷使するハードワークで疲れをため込んでしまうので毎回予約の日が楽しみです。

顔つきが変わった!(流山市40代女性)

初めて整体を受けた後で一番びっくりしたのは鏡を見て顔が上がっている自分を見たとき(笑)

整体は初めてではありませんでしたが、今までこっている所をよくマッサージされていたのが先生は逆です。何をしているのか不思議。でも説明してくれるので安心して任せています。

以前と比べて身体の調子で困ることが少なくなりました。お腹の調子、冷えまで改善されたので本当にラッキーです。

痛い・こわい施術はしません

  • ボキボキする
  • ゆがみを矯正する
  • 強い刺激でコリをほぐす

身体はもともと自分で治る力があるので、構造や機能を整えてうまくいくように手伝うだけです。

やりすぎや余計なことをしないのは、もしそれが不必要な薬の種類や過剰な量だったら悪影響なのと同じだからです。

マッサージや矯正を受けたらおかしくなったという話を聞きますが、好転反応の説明が足りなかったか身体にふさわしくなかったからだと思われます。

施術に慣れている人でも好転反応がある場合があります。
だるさや眠気は、身体の修復に必要な休息/副交感神経モードが作動するからです。

また、身体が整っていく過程で今まで気が付かなかった不調に気が付くようになるかもしれません。

わたしにご相談ください

加藤なおき

柔道整復師・施術家

  • 2007年 柔道整復師国家試験合格
  • 2008~2014年 千葉県の整骨院に勤務
  • 2014~2017年 都内の整骨院グループに勤務
  • 2017年 松戸市北小金にかとう治療室開業
  • 2018年 米国IBA認定ボディートーク施術士取得
  • 2019年 流山市南流山に移転
  • 2021年 米国EHI認定エムレス施術士取得
  • 2022年 ボディートーク上級施術士認定
  • 2023年 北海道、島根県、宮城県、神奈川県、石川県に出張施術 

勤務時代にNo.1の指名数とリピート率、その後分院長、施術者の育成、技術監修を経験し開業。
独立前より長くお付き合いがあるクライアント多数。
開業後、国内外の代替療法を学び難しい症状にも対応している。多角的な視点を広げるため現在はインド占星術/医療占星術を学んでいる。

はじめまして。
私は南流山でずっと生まれ育ち、仕事で一時は東京に住みましたがやっぱり地元が落ち着くので戻ってきました。

私が治療の仕事を選んだのは人が元気に自由になっていくのがうれしいからです。
かくいう私も、親の立場だったら大変だったろうなぁという幼少期で…不登校になったり精神病っぽい原因のわからない不調になったり、小さい時から健康には悩んできました。

神経質な変わった子供として扱われて自分が好きになれないまま成長していきました。
一見順調に学業をこなし社会人になったものの、パニック障害になったのきっかけにますます自分に自信がなくなりネガティブなことばかり考えるようになりました。

私の根底にあったのは無力感。

勤め先の整骨院では慢性的な症状の肩コリや腰痛、関節痛でほぼ毎日通院している人ばかり。電気とマッサージ、湿布を貼ったりクスリを塗って終わるの繰り返し。

「治せていない」という事実。
それでも私を信頼してくれる患者さんはたくさんいたので申し訳ない気持ちになっていました。

次第にパニック障害が酷くなっていき、電車や外食や美容院、映画館も行けなくなり、友人からの誘いをどう逃げるかばかり考え、いつ発作が起きるのか常に不安で、これが一生なら死んだほうがましと思った時期も。

病院やクスリに頼らなかったのは、今度はクスリがないと不安になって根本が解決しないのをわかっていたからですが、かといってどうしたらいいかわかりません。

まさに私の人生は詰んでいたのです。

その後、ボディートークという自然治癒力に焦点を当て心身のバランスを整える施術がきっかけでスッと改善し、こんな世界があるのかと衝撃を受けました。
私は現代医学の世界しか知らずそれ以外の施術を侮っていたのです。

驚いたのはクスリも使わず、もみほぐしたり動かしたりを一切やらないのによくなった。自分の身体が自分で変化を起こしてくれたんです。
忘れていた自分の身体の力を再認識し、少しずつ生きるのも楽になって、施術者としても「健康とは」を見つめるきっかけになりました。

施術者として何ができるのか。
身体を手伝うことはできるけど、真の意味で治してあげることは本人にしかできないということ。

もし私が途中でクスリに頼り、病院通いを始めていたらきっと今でもパニック障害のまま怯えた生活をしていたと思います。
あのタイミングでボディートークを受けられたのはラッキーだったと思います。

そのおかげで今があります。
ですがここでお伝えしたいのは私の過去のどうでもいい話ではなく、あなたにもその力が眠っているということ。

様々な医療や考え方を取り入れ、よくなっていく人たちを見て、身体と心が元気なら自然に治るという健康の本質にも気が付きました。
複雑化した健康をもっとシンプルに、本質に戻れる治療院をつくろうと開業して7年が経ちました。

あなたの力を奪わないために私は治しません。
ですが力を思い出すためのお手伝いはいくらでもできます。

自分に力があることを思い出すと、不調が起きても慌てませんし身体と仲良く生きていけます。
これは私の実体験ですが、、あぁ、またなんか身体が訴えている。何だろう?観察してみよう、ケアしよう。そんな心の余裕が出てきます。

はじめはどんよりしていた人が徐々に声にもハリが出て、元気になって新しいことをはじめたり、一緒に身体について学んだり。働きながら自分も喜べる日々を送っています。

過去の私は症状を敵視していましたが、今は身体からのメッセージだと理解しています。
だから身体の声に耳を傾けて大切に扱い、身体を信じて仲良くなることを皆さんにもおすすめしています。

身体は自分の絶対的なパートナーだからです。
身体を軽くみていると私のようにひどい目に遭って人生を損します(笑)

カラダが言うことを聞かないと思っていませんか?
カラダの言うことを聞いていますか?

今しんどい人も大丈夫。生命は生きている限り「ずっとこのまま」はありません。
未来を変えるきっかけになれたらと思ってお待ちしています。

私の整体が向かないと思われる方

  • 自分の身体を大切にできないかた
  • 自分の健康に責任を持ちたくないかた
  • 手軽に安く、さっさと済ませてほしいかた

どんな将来を選びたいですか?

  1. 任せられる人と一緒にカラダもココロも軽くなる
  2. 手軽さや安さで整体を受けて今と変わらない日々を繰り返す
  3. しんどい身体のまま歯を食いしばって生きる

どれを選んでもあなたの人生ですが、もし私のお手伝いが必要と思ったらいらしてください。

初回施術の流れ

一般的な鍼灸院、整骨院などと比べると長いですが、じっくりと自分の身体と向き合ういい機会にしてください。2回目以降の所要時間は1時間前後となります。

STEP1
カウンセリング

初回では症状のほかに、これまでのことや受診歴、検査歴、持病の有無、ストレスの状況などをお伺いします。

STEP2
評価、調査、施術、アドバイス

身体に触れたり動いたりしてお体の状態を客観的に見ながら施術していきます。

刺激量はその都度コントロールします。

日常生活で必要なことをアドバイスとして持ち帰り実践していただきます。

STEP3
次回予約・お会計

治療も身体に多少の負荷がかかるもののため、一度で大きく変えようとするのは逆効果になります。

はじめは月2~3回の通院をしていただきながら日常生活の見直し、セルフケアの実践を経て徐々に通院間隔を空けても持続する身体になります。

施術後の過ごし方

施術後はできればお休みください。

緊張が強かった人は脱力感や疲労感、隠れていた痛みが出たり体温が上昇することがあります。

施術になれている人でも初めて私の施術を受けて反応が出る場合が20%ほどあります。

トップへ