流山市南流山の自律神経・肩こり・頭痛の鍼灸治療・整体
取り戻そう、気持ちいいカラダと自然治癒力。

土用と体調不良

10/21~11/8は秋土用。
※土用は立春、立夏、立秋、立冬の前18日間あります。

土用の時期は、身体も社会も次の季節のための浄化作用が働きやすいので、身体であれば体調を崩しやすく、特に胃腸を大切にケアしたほうがいい時期です。

社会と聞くとピンと来ないかもしれませんが、膿だしの一環でトラブルや事件が勃発しやすかったりします。

暦は自然界の流れを表すので、自然界の一部である社会も一個人も何らかの影響を受け合って生きている。東洋医学の考え方はそのようなところから見ているのです。

 

胃腸は陰陽五行では「土」(だから土用なんですね!)
土いじりはよくないとされているので農業もこの時期は作業を避けたりします。

私もうっかり腰を痛めてしまいました。
植木鉢を外に運び下ろそうとしたときに「ピキっ」と嫌な感じが…(笑)

しばらく動けませんでしたがボディートークのテクニックや自分の技術を駆使して今は痛みが少しあるものの問題なく動けています。

10代の頃ホームセンターでアルバイトをしていて酷いぎっくり腰になったことがあり、それから当たり前に歩けることに感謝できるようになりました。

今回は軽く済んだものの、やはり身体を雑に扱っていると時々こうして警告が来るなぁと実感しています。
最近食べ過ぎ飲みすぎだったので、胃腸にもよくありませんでしたね(笑)

実は腰痛は重い物を持っただけではなくいろいろなことが原因になって起こります。
胃腸も例外ではありません。

単に骨盤矯正やもみほぐしでよくならないのは人によって隠れている原因が違うからです。

痛みのある部分を超えて身体はたくさんのもので構成されていて、それらはどこかで必ずつながりを持っています。

全体のバランスがおかしくなった結果が腰痛だったり、他の色々な症状なのです。

 

つらくなる前に全体のバランスを整えておくことは大切ですよ。
特に土用は、次の季節に向けての身体の準備期間。夏の疲れも心の疲れもこの時期に出やすいので無理はせず自分を整える期間だと捉えてください。

ブログの最新記事8件

>LINEをご利用の方はこちら

LINEをご利用の方はこちら

受付は24hOK(時間外の返信は翌日以降)
当日予約は埋まっている可能性が高いためスケジュールには余裕をもってご予約くださいませ。