流山市・南流山で自律神経調整が評判の整体・鍼灸院

風邪の効用

風邪は台風のように過ぎるもの=しっかり経過させよう

風邪を引くことはもとい、症状のことを私たちは「悪いこと・いけないこと・速やかに抑えなければならないもの」と教育されてきた。

冷えると風邪を引く、季節の変わり目は風邪を引きやすい、細菌やウイルスに感染すると風邪を引く、風邪はうつる…など。

自然治癒力や健康の本質から見ると、風邪も他の病気も症状はカラダのアンバランスを立て直すプロセスにすぎず、それを抑えることで逆に治りを邪魔していることになる。

表現が分かりやすくて私が気に入っているこの本では、いつの間にか健康の本質から外れて蔓延った固定概念を覆して、どう対応したらしたらいいかを野口整体の理論に基づいて書いてある。

また、色んな病気の中で風邪は扱いが難しいものだという。
その理由はここでは詳しく書かないけど、本を読めば「なるほど」と思える。機会があれば読んでみてください。

風邪を引けない・引きすぎる現代人

風邪も引いたことがなく丈夫だと思われていた人が急性の病に倒れたり、命を落としたりする。

反対に、しょっちゅう風邪を引き、長引きやすく、引いた後もスッキリしないでいつも元気が出ない人。

風邪を引いても熱が全然でないから仕事を休めないとこぼす人。

 

結論から言うと、風邪は定期的に引いた方がいい。なぜなら新しい自分にリニューアルさせたり身体をリセットさせる働きがあるから。
小さな子供がことあるごとに熱を出したりしてお母さんを困らせるが、本人にとってはレベルアップの機会なのである。

そんな機会を奪いたいと思う親はきっといないと思うが、ではどうして困ってしまうかというと、仕事や生活上の理由ももちろんあるが、カラダの知識がないからわからないというのが根っこにある。

風邪を引いて、熱が出たら冷やす、咳や鼻水が出たら薬、スポーツドリンクで水分補給…現代の対処法はざっとこんな感じだろう。

実は野口整体理論での風邪の過ごし方はそれとはほぼ正反対だ。

この本に書かれていることが100%正しいのではないが、私たちは今まで当たり前や正しいと思っていたことを見直すきっかけや、病気や症状に対する見方の偏りを見なおすべき気付きを与えてくれる。

経過させるとは?

風邪の発症から、回復までを自然の力に従って最適に通過させるということで、台風の通過を見守ることと似ている。
台風のふるまいを抑制できないのと同じで、症状は基本的には抑えない。なので今使われている○○止めや解熱剤は風邪のスムーズな通過を妨げるので使わない。

また、熱があるときは風呂に入ってはいけないと教わってきた私たちには衝撃かもしれないが、熱めの風呂にさっと入る。
熱を体外に追い出す誘導をお風呂のお湯で行い、風邪をスムーズに通過させるという観点では理にかなっている。

気を付ける点としては、あまりにふらふらなら無理をしない事。

食事もいらない。「食べないと治らないよ!」と言われて育った世代は大変多いと思うが、
免疫にエネルギーを使いたいのに食べると消化に奪われるので免疫のパフォーマンスが落ちる。

カラダは免疫を最優先にしたいから、食べたものを拒否する(吐き気や嘔吐)

飽食の現代、数日食べなくてもエネルギー源は充分に身体に確保されています。

風邪=フウジャ=台風や嵐のように通り過ぎて、破壊と再生を起こす

色んな病名がある中、風邪だけは「ひく」という言葉を使う。英語ではCatch a cold.(つかむ)と表現する。

自然の摂理に従えば災害はいつか過ぎて破壊された後は必ず再生する。命も生まれれば必ずいつか死を迎える。そのサイクルを繰り返して今に至るが、その間にもよりよい遺伝子やよりよい環境に再整備されるまえには破壊が伴う。

宇宙や地球上でも生命体でもそれは同じ。

現代の私たちは病気や不調に「何かをすべき」と教わってきた。
しかし戦うほどうまくいかないことがある。

「何もしない」戦略はカラダのもつ自然治癒力を尊重した治療法である。ガンや色んな病気とのかかわり方においても、ひとつ引き出しに入れておきたいカードだ。

例えば、人によっては抗がん剤の威力に勝てない。
つまり治そうとする、負けないぞと頑張る努力がかえって身を亡ぼす可能性があるのを知っておきたい。

年間何万人がこれで命を落としているか…

現代西洋医学がダメなのではなくて、不調をなんでも身体から排除しようとしたり、早くなんとかさせるのが絶対にいい事だとは限らない。
体調を崩しても自分で立ち直るチカラがカラダにはあるのだから。

その肉体の持ち主は自分のカラダが起こしていることを信頼し、立ち直る舞台を整えてあげるだけでいい。

余談の最新記事8件

>LINEでご予約・お問い合わせはこちら

LINEでご予約・お問い合わせはこちら

当日の予約は埋まっている可能性がございます。
スケジュールには余裕をもってご予約くださいませ。