5年目に思うこと

今日、4月15日は開業日で当院は4周年を迎えました。

北小金駅前で開業したところから今日に至るまで、ご縁を頂いた皆様に感謝申し上げます。

看板もない状態でドタバタで開業したばっかの頃の入り口。ひどい(笑)

二人で同じ会社に勤めていたのが同じタイミングで退職。
退職してまもなく引っ越し&準備不足のまま同時開業と、どったんばったんで過ごした日々が今となっては笑えます(笑)

よーくケンカしていました。(今も?(笑))

 

開業する時に、遊び心を忘れない治療院にしたいという思いで、一般的な治療院とはちょっと異色を放ち続けてあっという間に4年が経ち、去年から続くコロナの騒動でそのことを一層強く思いました。

世界から遊びがどんどん削られている…まじめな人ほど辛くなる世の中。

 

病院にも気軽にかかりにくいご時世ですし、自分のカラダや健康に対する意識が高くなったのはいいことなのですが、
そもそも健康ってなんなのか。

これを多くの人がよくわからない、または誤解したまま使っています。

 

健康とは病気にならないとか、痛みや苦しみを感じない事ではなくて、そんな時でも自分のちからで立ち直れることなんです。
これは肉体的だけでなく精神的にも必要な力ですよね。

不健康なのかな?病気なのかな?って悩むときはたいてい、一向に良くならないからだと思います。
それは自分のバランスを整えなおしたほうがいいよっていうしるしです。

 

嫌なことがあっても寝たら忘れられるとか、熱が出ても一晩や数日で治まる。とか。
悪いもの食べたら吐いたり下す。とか。
昨日腰が痛くなったけど数日で気にならなくなった。とか。

これは健康なしるしなので、健康とは不調にならないとか、落ち込まないことではありません。

 

それと思い出してほしいのは、健康になるために生きているのではないんですよね。

 

とはいえ、病気になったり死ぬのはこわい。
昨今では健康になるための色んな情報が飛び交っていますが、それは健康を失う「恐れ」を基盤に生まれているからなんです。

 

健康を取り戻すとは、自分自身の身体や心のバランスをいつも最適でいられるよう整えることにあります。

 

生きる目的はこの身体を使って色々な体験をして色んな感情を味わっていくこと。

 

今宵は友人から頂いたお酒を味わおうかと。(ゆうこ先生は飲めない…)

 

当院には健康になりたくてクライアントさんが来ています(当たり前か(笑))。
健康を取り戻すために必要な要素はみんな違いますが、生活にエンタメが足りないことが本当に多い。

まじめに働き、休むことに罪悪感を感じ、自分を喜ばせることや楽しませるのは後回し。

 

今や働くことは以前と変わらないのに外出、音楽や映画、人との交流はどんどん制限されてエンタメが削り取られているのだから、心身共に病んでしまってもおかしくありません。

こんなTシャツで仕事したっていいじゃない。ハンドパワーだし(笑)

 

こんなご時世だからこそエンタメも感じられる治療院をこれからもつくっていこうと改めて決意。
遊びに行けない、人と会えないなら、うちに来て笑って喜んで楽しんだらいい!身体も楽になったらうれしいし!

 

「自分たちが通いたい治療院」をつくる。だ。
こうしてテーマが言葉にまとまったのはごく最近なのですが、お付き合い頂いているクライアントさんはわずかでも共感できる部分がある(といいな…(笑))と思ってます。

治療家として治療技術や知識を広げることは当たり前ですが、それ以外があってもいいですよね。

 

治療に通うのがストレスになる場所なら本末転倒ですし、私たちも仕事をするのがストレスになる環境ならいい仕事ができません。

ストレスを感じながら仕事をするとか、周りと同じことをするのなら開業する意味を私は感じないです(笑)

やる側が楽しそうじゃない施術を受けたくはないと思うのです…

 

ということで、5年目も楽しく、まじめにやっていきまっす!

どうぞよろしくお願いいたします。

余談の最新記事8件

>LINEでご予約・お問い合わせはこちら

LINEでご予約・お問い合わせはこちら

当日の予約は埋まっていてご希望に添えない可能性がございます。
スケジュールの余裕をもってご予約くださいませ。