流山市・南流山で自律神経調整が評判の整体・鍼灸院

ボディートーク

ボディートークはdr. ジョン・ヴェルトハイム氏によって開発された、「意識」に基づくヘルスケアです。アメリカにIBA(International BodyTalk Association)本部を置き、日本を含め世界35か国以上で普及しています。

 

人間の生命活動の中で病気や心身の何らかの不調がどんなふうに生じているのかは、現代で考えられているような「身体のどこかに問題がある」という考え方から、「結果(病気や不調)をもたらす要因は、私たちを取り巻くあらゆるものに存在する」と大きく変わろうとしています。

心や環境、人間関係、仕事やアクセサリーなども私たちを取り巻く一部です。

 

変わるというよりは、本来の形に戻ろうとしているのかもしれません。

歴史のあるインド医学や東洋医学では心と身体を一つのつながりのある存在としてみており、気、エネルギー体やチャクラという目で見えない存在を取り扱います。

一見怪しく感じるかもしれませんが、電気や空気は目に見えないけど存在がわかるのと同じです。

 

風水学や方位学の存在が認められ、古くから今まで続いているのも実際に役に立ったり効果が感じられるからです。

 

一般的な医療が肉体に出ている症状(結果)に何かするとしたら、ボディートークではその人の心身に影響している様々なストレスや遺伝的影響、エネルギー、信念など、病気や不調という結果をもたらしている過程を辿り、修復していきます。

 

ざっくり比較したものをまとめてみたのが以下の表です。

 

 

どの施術にもメリットやデメリットが存在しますが、生命活動の舵取りを行っている「潜在意識」に侵襲なく安全に手を届かせることができるのはボディートークの魅力です。

※医療ではないので診断や処方はしません。

慢性的なコリや痛み、関節痛、関節炎、不眠、頭痛、睡眠障害、鼻炎、アレルギー、アトピー、過敏性腸症候群(IBS)、自己免疫疾患、トラウマ、恐怖症、不安障害、自閉症、不妊など

 

胃は胃のために存在しているのではなく、身体の他の部分に栄養を届けるために食べ物を受け入れ消化する役目であるように、身体の部分は身体全体のために働いています。

この全体のつながりとチームワークによって健康が維持されています。

病気や不調はチームワークやつながりの修復が必要ということで、自覚している症状は氷山の一角に過ぎないのです。

ボディートークは心身全体が一体感を得られるようにサポートできます。

 

からだの知恵と自己調整の力

風邪を引いても数日休めば治り、嫌なことがあっても寝たら立ち直れるのは私たちの心身は常に自己調整の力が働いているお陰です。

もう一つ、私たちに備わっているのは体の知恵です。

ケガで出血しても勝手に血が止まり、考えなくても勝手に治るのは、潜在意識に自分自身の治し方が刻まれているからです。

様々なストレスによってうまくいかなくなったこれらの掛け合わせを修復していきます。

セッション

セッションは横に寝てリラックスしていただき、施術士が必要な情報を写真にあるチャートを使って「はい・いいえ」の反応を読み取って「修復箇所」を探します。
家を建てる順序があるように身体にも優先順位があります。
腰の痛みをなんとかしたいと頭では思っていても、身体がそれを優先としないなら別のことが優先です。反対に全然関係なさそうな内容で腰の痛みが楽になることもよくあります。
ボディートークは1回で大きな変化を実感できる人もいれば、何回も続けてようやく変化する人、経過は様々ですがそれはどんな施術も同じですね。
その反応は肉体・環境・人間関係など様々なところで起こりえます。
好転反応はプラスにもマイナスにも感じられることがあります(例えば目をそらしていた問題と向き合わざるを得なくなるなど)が、ど
ちらに感じたとしても、その方がスムーズに人生を前に進むために必要だから起きるわけです。例)
・活発な記憶の解放→下痢、お通じの変化
・体化学のバランス→体温の上昇、風邪をひく
・水和→のどが渇く、尿量の変動
・細胞修復→だるさなど、一時的な体調不良そのほか、避けていた問題に再直面するなど

施術の流れ、料金

①予約する

お問い合わせフォームまたはLINE@からもできます。
ご不明な点もお気軽にお問い合わせください。

②セッション

基本は仰向けに寝た状態で行います。
施術士が手順に沿って探索を始めますが、出てきた内容についていくつか質問があるかもしれません。

その都度かかる時間は異なりますが、料金は同じです。

③お会計・次回予約

どのくらいの間隔で次のセッションを受けるとよいかも腕の反応で出ます。必要でしたら次回の予約をお取りします。

料金(税込)

初回 15,400円
2回目以降 13,200円

※遠隔セッション可(同一料金)。詳しくはご相談ください。
※最終来院日より6か月以上空いた場合は再診料がかかります。


ボディートーク関連記事

リンパをケアすることの大切さはご存知のとおり、世間には様々な施術法があります。 基本的に「トントンするだけで何もしない」ボディートークの中にもリンパ(間質液)に特化して行う施術があるんですよ。 セッションの中でもリンパに関する事柄がよく登場するのは、心身のバランスにリンパの役割が深く関わっているからなんですね。 リンパの主な働き 体液の平衡を維持する カラダを病気から守る 腸から脂質を吸収し、血液 […]

NO IMAGE

感情とからだの関係はホリスティック医学では当然のことだし、私もその勉強をしている最中なんだけども。 よく、「怒りの背後には悲しみが存在する」と聞く。 じゃあ、他の感情にも背後があってもいいんじゃないかと思って、五行の相関図をじっと眺めていた。 怒りの背景に悲しみなら、金の相剋の関係だ。(ボディートーク的にはちょっと違うけどそれは置いといて) 同じように他の感情も相剋でみると、こじつけになってるとこ […]

NO IMAGE

昨日の朝10時。 「痛!!!」 仕事場で歩き回っていたら扉に左足の薬指を強打した… しかし何事もなかったかのように仕事をこなして(笑) いつもは本当に何事もなく終わるので気にしていなかったんだけど、ぶつけたのも忘れていた15時頃、外出したときに「あれ?痛い。」 靴下を脱いでみたら内出血してるじゃん(笑) (実は足の指ぶつけて出血したの初めて) 整骨院に勤めていた時には外傷をよく見ていたので、こんな […]

NO IMAGE

「東洋医学の哲学」という本の中に気に入っている言葉がある。 しかし病人(人間)を治す͡͡コトは実に六カシイです。病気を治すことは、対症的にさして難しくはありません。しかし根本的に癒すのは、その人のセマイ人生観を広い世界観にし、自由人にすることですから、薬を盛ったり、手術をしたりするようにカンタンナモノではありません。(モチロン生き身の人間ですから、タマには病気にかかったり、六カシイ問題にブツカッた […]

最近、便秘の相談が多い。 4月からの緊急事態宣言で、在宅ワークや外出自粛が増えて運動不足だからなのか、 今年、今特有のものなのかわからないけど、何をしても出なくて、呼吸も苦しくて困っていると。 循環で成り立つ身体に滞りが起きるのは健康上よくない。 ちなみに今年は庚子。五行だと「金」の年。 五行で金は、臓器だと肺と大腸を指し、呼吸も排便も「捨てる」行為になる。 捨てて生まれた余白に新しいことが入って […]

脳と心臓脳と腸脳 ボディートークの考え方にはタイトルのとおり3つの脳があって、タップする時も基本はこの3つの脳に対して行っている。 脳が体の王様みたいな感じなのはなんとなく理解できると思うし、腸も最近は脳腸相関とか第2の脳ととか言われて、腸も大事なんだ!ってのが分かってきているけど、心臓に脳?っていうのはピンと来ないかもしれない。 でも、こんな話を聞いたことがないかな? ①殺人被害者の方の心臓を移 […]

ボディートークの症例(30代女性) 鍼灸とボディートークを掛け合わせて大きな変化を感じられた症例です。※ご本人の了承を得ていますこの方の肉体的な主訴は、 背中腰のハリや痛み 不眠、冷え、痩せない その他にもいくつか自覚症状はあるものの省略。これまでも当院で定期的に鍼灸治療を受けていましたが、この日はなんとなくボディートークの話になり、私も予約が入っていなかったのでさっそく始めることに。 セッション […]

仙台に出張ボディートークしてきました 12/6~8の3日間、イベント出展と2日間のプライベートセッションでたくさんの方とお話しすることができました。 12月なので、クリスマスっぽく衣装なんかきちゃったりして(笑) やっすい衣装だからか、体のあちこちに赤と白の綿埃まみれになって鼻がむずがゆかったのは内緒。 不定期なのに、行きまーす!とお知らせするたびにご予約を入れてくださる方々、ご紹介してくださる方 […]

ボディートーク上級セミナー「生体力学」を受講して 11/26~12/1の日程で大阪で開催されるセミナーを受けてきました。 カナダからインストラクターの先生が来て、通訳を介して5日間解剖学的なことや感情とのつながり、東洋医学的概念、テクニックを学びます。 私は柔道整復師の専門学校を出ているので解剖学的知識のベースはありましたが、からだの部分と感情とのつながりや、それを解放する理論などは通常の医療では […]

小さい頃の行動は本能的 鼻くそを食べたことが「ない」人いる?いたとしたら本当にない?って聞きたい(笑)ま、恥ずかしいよね(笑) もしも体内の細菌や微生物の効用が分かって、鼻くそを食べることが常識になったら…あちこちで鼻ほじるのが当たり前になるかもしれない。 鼻くそを口にしたくなるそもそもの理由はなんだろう…。 いつから鼻くそを食べようと思ったのか覚えていないし、どうしてあのタイミングで食べたのか。 […]

>LINEをご利用の方はこちら

LINEをご利用の方はこちら

当日の予約は埋まっている可能性がございます。
スケジュールには余裕をもってご予約くださいませ。