流山市・南流山で自律神経調整が評判の整体・鍼灸院

肩こりがマッサージで治らない理由

 

次のようなものがひとつでも当てはまる方へ

  • デスクワークをしている
  • 常に肩や首の周りが重い
  • 酷いと頭痛や吐き気がする
  • 特に夕方以降に辛くなりやすい
  • 首が大きく動かない
  • 朝起きた時から痛い
  • イライラしやすい
  • 施術を受けても戻る

 

一度でもマッサージや整骨院に通ってみたり、整体・ハリなどを受けたり、病院で原因を調べたりしたことがあるかたは、肩こりを治したいからだと思います。

治療を受けると様々な原因や改善点を指摘されると思いますし、それが合っていれば肩こりは改善されて再発することも無くなっているはずです。

ですが、おそらくそのような人はほとんどいません…

これは半分正解で半分間違いの、肩こりの原因です。

  • 座りっぱなしのせい
  • 姿勢が悪い、ゆがみのせい
  • (目や身体の)疲れのせい
  • カラダが硬いせい
  • 枕のせい
  • 噛み合わせのせい
  • 歳のせい

 

同じ仕事内容や生活習慣であっても、辛くなる人とそうでない人がいるのはそれぞれのからだの強さの違いや精神状況に影響されます。

ここから、肩こりを改善できる考え方をお伝えしていきますね。

肩こりは全身の問題を反映しているひとつの結果に過ぎない

肩こりでも腰痛でも、痛みや不快感を自覚するとそれ以外のことを意識しにくくなりますが、ふだん、全身に意識を向けると不具合を感じる所はあちこちにありませんか?

そういった不具合は強く意識しなければ気が付かないだけで、実は自覚症状はカラダ全体の問題のうちほんの10%にも満たないもの。

つまり、肩こりという結果をもたらすまでに「からだの機能や能力に不具合が生じている」というのを忘れてはいけません。

このことを理解しないと、ずっと対処的なことをして根本的に解決できない状態が続いてしまいます。

対処的なことが悪いのではなく、原因を改善するための他の手段も併用するのをおすすめしたいのです。

肩が辛いから肩を揉む、温める…これは不快感を和らげるのに効果のある方法ですが、やめてしまうと元に戻りますよね?

肩こりの常識は矛盾がいっぱい。原因とは言い切れない?

  • 全く無症状で健康な人にもヘルニアが見つかる
  • 異常が全く見つからないのに酷い肩こりの人がいる
  • ヘルニアや変形は治っていないのに肩こりがなくなる人がいる
  • 同じデスクワークでも肩こりを感じない人がいる
  • 小学生でも肩こりで悩んでいる人がいる

 

つまり、一般的に思っている原因は、肩こりの「一因」にはなっても、本当の原因ではありません。

全身の機能が健康かどうかが肩こりを治す力の源です。
いくつか代表的な問題を挙げておきますが、これ以外にもたくさんあるので気になる方は質問してくださいね。

肩こりと関連しやすい全身の健康状態の問題。

  • カラダの冷え
  • 便秘
  • 睡眠不足
  • 食べ過ぎや消化器の不調
  • 生理
  • 過労などのストレス
  • 腰痛、関節痛
  • 眼の酷使、眼精疲労
 

 

自覚のあるなしに関わらず、カラダは色んな部位が集まってできているので、肩こりだけ治そうと頑張っても他が不健康のままだと治れないんです。

ですが、「全体を健康にしてからだの能力を高くする」すれば、肩こりがよくなる可能性がぐっと高まりますね。

ではもう一歩進んで、カラダとココロの関係性も見てみましょう。ここもとても大切です。

見えないけど重大な肩こりの原因。メンタルから読み解く

これまでは肩こりの原因と解決法を主に肉体面から見ていきました。

ですが私たちはカラダとココロの両方を持っています。メンタルの強さや弱さは問題ではありません。

感情や思考パターン、何に恐れを感じているか。自分の心を無視したり抑えすぎていないか。

我慢とか、怒ってはいけないとか、こう感じる自分はよくないとか、人は生きているうちに色んな感情を目まぐるしく感じています。
時に我慢したり本音を言わないことも世渡りに必要ですが、あまり度が過ぎるとその分カラダは我慢しているし、葛藤します。

ココロの声はどうやって知るのかというと、肉体に反映されるのです。

「肩の荷が下りる」
「肩の力を抜く」

この言葉からどんな状態をイメージしますか?
緊張、プレッシャー、力み、頑張りすぎ、責任、重荷、過労…人ぞれぞれイメージする言葉は違いますがどれも正しいです。

こういったココロの声が、肩に現れて言葉になっているんですよっていうのをちょっと体験してもらえたら。

他にもカラダにまつわる色々な言葉がありますよね。

「腹が立つとか」「断腸の思い」とか、このココロの状態を気づかないふりや“なかったことにする”のは簡単ですが、カラダは嘘をつかないからお腹が痛くなったりイライラしたりするんです。

大切なのはそのココロに気づくこと。人間だから感情があって当然。
今の医療はココロとカラダを別々に考えているのが、病気を根本から治せない一因になっていますし、私たちのカラダとココロもバラバラなことが多いからなんです。

そこで「話す」のも肩こり治療になります。
自問自答でもいいですし、誰かに間に入ってもらっても。話を聞いてもらっただけでスッキリするのは気のせいではありませんよ。

 

自分のことを客観視するのは難しい。私って働きすぎ?まじめすぎ?こだわりが多すぎ?話せる人に話してみてもいいですね。

では、ここからは肉体的・医学的な肩こりのメカニズムをお話しします。

肩こりの肉体的なメカニズム

自律神経の乱れ

慢性的なストレスによって交感神経優位が続くと、筋肉が緊張し血流が悪くなります。

眠りが浅くなり、内臓の働きや新陳代謝、消化吸収能力も低下して細胞が傷み、回復力が妨げられます。

筋肉の緊張

交感神経の高ぶりは筋肉を緊張させます。血管が収縮して血流が滞るので老廃物が溜まったり細胞に必要な酸素や栄養が不足し、炎症物質発痛物質が放出され痛みを感じます。

筋肉の硬さが直接の肩こりの原因ではありません。
また、デスクワーカーに多い長時間の同一姿勢は、一部の筋肉が偏った緊張になるので姿勢にも悪影響です。

呼吸が浅くなり、悪循環

筋肉が緊張すれば伸びなくなるので当然呼吸が浅くなります。
呼吸はガス交換だけでなく血液や体液の循環や内臓の働きを助ける役割があるため、全身的に影響が及びます。

食べ過ぎは胃の拡張によって、肩の筋肉とつながっている横隔神経(呼吸に関連)が刺激され、首肩の筋肉を緊張させる反射がおこります。
(呼吸する時も首や肩の筋肉を使っているんですよ)
また、消化や代謝で肝臓の仕事量と負担が増し血液が筋肉に回らなくなったり、夜遅く食事をとってすぐ寝てしまうのは睡眠中にも内臓に仕事をさせることとなり熟睡を妨げます。

 

カラダを壊しかねない肩こりの対処法

強いマッサージ

強いマッサージに通い続けている人はいても、マッサージに通う必要がなくなった人はいません。

筋肉がほぐれると一時的に楽になりますが、強い刺激を受けているときは痛みを我慢したりこらえるためにかえって身体は緊張します。

また、繊細な筋肉の細胞を傷つけてしまうので、質に差がある激安マッサージはお金をどぶに捨てることにならないかよく考えて利用しましょう。

刺の強さが快感になるとしても、効果には結びつきません。

痛いのが好きな人はいますが、肩こりのメカニズムは緊張なので、根治させたいなら筋肉を緊張をゆるめる方法が適していますね。

ストレッチ

ストレッチはセルフケアとして継続するのにはおすすめですが、やらなくなると元に戻ってしまいます。

これはマッサージに通っているときはいいんだけど、時間が経つとすぐ戻ってしまうのと同じです。

ストレッチは伸ばそうとするのではなく、伸びるのを待つもの。

ストレッチされたかどうかよりも気持ちいい感覚やリラックスを感じる方が大切で、時間をかけて静かな呼吸とともにじっくりやりましょう。

機械を使う

家庭用の電気治療器やマッサージ機は一時的や慰安目的として割り切って使うのには充分ですが、治療目的だと足りません。
これは整骨院などで行われる物理療法(電気など)器も同じです。

もし、購入を検討されている方はご参考になさってください。

シップ薬

湿布薬には痛み止めや炎症止めの成分が入っているのと、メントールの爽快感で軽くなったように感じますが、もともと打撲や捻挫などの強い炎症に使われるものです。

炎症や痛みを抑える原理は患部の血流を低下させることにあります。
肩こりの場合は“血流不足”が問題になっているので逆効果です。

肩こりが楽に感じられるのは一時的で、かえって使う度に治りにくくなってしまいます。

湿布を使うなら温めたほうがマシです。急に止められない方はシップの使用頻度を徐々に減らしていきましょう。

肩こりを改善したほうがいい理由

他の病気や不調の原因になる

心身両面に影響が出ます。免疫力の低下によって最終的に重大な病気に発展するリスクがあります。

人間関係が悪くなる

体調が悪い時は誰しも気持ちに余裕がなくなります。
小さなことでイライラしてしまったり…そんな人に近づきたいと思う人はあまりいないですよね。

仕事やコミュニケ―ションにおいても本来のパフォーマンスではないので本人もストレスが溜まります。

人生がつまらなくなる

体調が悪い時は判断力が鈍るうえ、タイミングを逃したり、冷静な判断が出来なかったりしたのは誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。

風邪などで一時的にそうなるのと、ずっとそうなのでは未来の結果は大きく差が出ます。


世界的にも成功している人(上っ面じゃなくて)は余裕がある人であり、その余裕は心身の健康なバランスがとれているから生まれるものだと思います。

成功者に共通することはただのお金持ちではなく、自分の健康や学びに投資して自分の生きたい人生を送っています。

 

たかが肩こり、されど肩こり。

肩がこってイライラしてしまうなら、肩こりのせいにしないで今から肩こりを治したらいいと思うんです。

では、次のページでは根本的な肩こりの治療法の選び方や生活習慣を見直すポイントをお伝えします。

 

「○○したら治る」は存在しない!肩こりは全体と心身のバランス

肩こりの本当の原因をもう一度おさらいします。

  • 肩こりは全身の問題(冷えや便秘、眼精疲労、ココロなど)
  • カラダの緊張
  • 自律神経のバランス

つまり、肩こりの原因は骨盤矯正したら治る!とか、この場所をこうすれば治るっていうのはありません。

テレビ、メディアでは簡単に肩こりを治せる方法と称した情報が日々流されていますが、よく選ばれるけど効果の出にくい治療法の「なぜ?」を解説します。

接骨院、整骨院の施術がなぜ肩こりに合わないのか

整骨院・接骨院は柔道整復師という国家資格者が施術をしていますが、本来肩こりでは健康保険は使えません。

施術は治療機器、マッサージ、セルフケアの指導が一般的で、治療時間が短時間で値段は安いメリットがありますが、施術が対処的なため週に何度も頻繁に通う必要があります。

  • 整骨院、接骨院はそもそも外傷の処置をする施設で肩こりには向いていない
  • 短時間、局所的なので深い問題にまで届かない
  • 電気や温熱、牽引などの物理療法はその場の快感のみでほぼ無意味

病院の治療が肩こりに合わない理由

まず検査で重大な異常がないか調べるのは大切なことなので、病院に行ったことがなければ一度受診をおすすめします。

肩こりといえども、中には腫瘍など西洋医学的処置が必要なものがある可能性は否定できません。

ですが、肩こり含め慢性病の治療は対症療法しか選択できないのが現状ですので、病院の検査で異常が見つからなければ体質改善ができる別の方法を探されることをおすすめします。

  • 救急医療以外は対症療法が基本になっているから
  • 湿布を出されたら逆効果
 

 

そうです。どれでも長所短所があるので、目的に応じて適切なものを選ぶ知識をもっていただきたい。

何より重要なのは、肩こりは助けを借りながら「自分で治す」という考え方です。

肩こりを改善する生活習慣の見直し

結局のところ、肩こりは自分のカラダの中の出来事。

でも、肩こりにしてしまった自分を責める…のではなくて、その状態から変えられるのも自分なんだと喜んでください!

早くカラダを本来の状態に戻すためには自己流よりも客観的にカラダを見れる人の力を借りるのが近道です。
誰かに治してもらおうという依存心を持っているうちはカラダは治りません。

さらに、日々の大半の時間を占める「習慣」の見直しができれば一層回復が早く見込めますよ。

人間の習慣は大きく分けて4つ、飲食・身体活動・精神活動・呼吸で成り立っています。
ですが、カラダは顔と同じように個性があるのですべての人が当てはまるものはありません。

自分に合った方法にいち早く出会えるか。
自分に合った方法を見抜いてくれる治療に出会えるか。

余談の最新記事8件

>LINEでご予約・お問い合わせはこちら

LINEでご予約・お問い合わせはこちら

当日の予約は埋まっている可能性がございます。
スケジュールには余裕をもってご予約くださいませ。