流山市・南流山で自律神経調整が評判の整体・鍼灸院

正しさを手放す

「絶対に正しい」はない。

ある場所の痛みに対して、冷やしたほうがいい時と温めたほうがいい時があるように(例えになっている?(笑))

正解は育った環境や置かれた状況や見ている立場、または多数決、時期や色々な条件で…気分でコロコロと変わる。

超言い方悪いけどトレンド的なもの(笑)

 

自分が正しいと思っていることや教わってきたこと。

こうあるべき、こうしたほうがいいと思っていること。

 

「ずっとこうしてきた」ということ。

 

あの時はそれでうまくいっていたけど、今はどうだろう?

もしつっかえている感じがするなら自分のために手放すタイミングが来たのかもしれません。

 

昨日の常識は明日の非常識。

変化に対して柔軟にいることが自分の心身にも優しい。

自分に優しいということは周りにもその優しさは行き届く。

 

私たちは一度所有すると、それが不要になっても手放すのを惜しみたくなる。

まだ使えるから、高かったから、思い出の品だから。もう手に入らないから。

 

手放すのに勇気がいってストレスになるくらいなら、手放さない、変わらないほうを選択したくなる。

モノ、コト、どちらも。

 

現在が快適なら変わる必要はないけど、多くの人が現状に不満を感じているのに現状を変えたくないっていう矛盾したことをやる。

そして、周りが変わってくれたらいいのにって思う。

 

時代が変わるとか、会社が変わるとか、あの人が変わるとか。

変わるはずないんですよ(笑)少なくとも自分の期待通りには

 

自分が変わりたくない、手放したくない「抵抗感」にはよりよくなるヒントが待っている

 

陰陽五行で手放す、捨てるのは「金」に当てはまる。

金は、土の中の鉱物が集まって結晶になる。

つまりたくさんの物質にまみれたカオスな土の環境から、選別されて輝く宝石になるために土の中で捨てる、手放す作業が行われている。

 

臓器でいえば肺と大腸。これは古い空気やゴミを捨てる役割を持つが、排泄のとき「いきむ」ように、捨てるには抵抗がかかる。

便秘で手放せなくなっている人ほど、強くいきむ=強い抵抗感を伴うし、呼吸が浅くなっている人は吸えないより吐き出せない人のほうが多い。

スッキリ出た時、深い呼吸ができた時はどんな気分になりますか?

 

陰陽五行の「金」に当てはめ、この手放すとか見直すプロセスは、この宝石のようにキラキラ輝かなくてもいいけど、自分らしくなる、生きやすくなる、自分の個性や本質に合った生き方に気づくために必要なこと。

 

呼吸や排便だけではなく、思考や物事も、「今までは役立っていたし必要だったけど今はそうでもないもの」を手放す。

捨てる時には抵抗を感じるけど、捨てた後は快適で、身体なり心の空き容量が増えるので新しいことが入ってくる。

 

入れたら出すじゃなくて、出すから入るのだ。

 

健康問題や人生の局面に立った時は今まで所有してきた物事を見直すのに適した時期。

考え方、生き方、部屋や情報の断捨離とか。

 

不調になると何か(薬やサプリや装具、栄養をとる、運動をする、病院に行く)をつけたそうとしてしまうのが私たちのクセだけど、既に詰まっているなら何を手放すかのほうが大事で、今の自分にとっての優先順位を整理してから次の行動をとったほうがうまくいく。

 

身体の巡りを整えると物事がスムーズに運ぶようになることもあるのは、内側で起きていること=外側で反映されていることだから。

 

 

自分が頑なに正しいはずと信じているものは何ですか?

理想の人格、母親父親の在り方、働き方、生き方。

 

仕事は休んではいけない。
他人に迷惑をかけてはいけない。
最後までやり切らなくてはいけない。
常に上を目指さなくてはいけない。
周りの人と仲良くやらなければいけない。
三食しっかり食べなくてはいけない。
お年寄りをいたわりなさい。
親の言うことを聞きなさい。
お医者さんの言うことは絶対です。
テレビや新聞の情報は真実だ。
味噌汁にはワカメを入れなくてはならない。

 

これが正しい。こうあるべきだ。と、主張しなくてはならない理由は何ですか?

これが少なくなると葛藤もストレスもだいぶ減ります。(実体験)

なんでも譲る必要はありませんが、譲れないものが多すぎると生きずらいのは確かです。

 

病気の原因になっているストレスは薬では治せません。単に脳をコントロールされるだけです(こう考えると特に精神薬は怖くないですか?)。

ストレスを生み出すのは自分自身のスイッチの問題。

 

健康を見直すというのは、生き方を見直す(善悪の審判ではない)ことでもあり、自分が“正しい”と信じていることを「それホント?」と少しずつ疑ってみることだと思う。

余談の最新記事8件

>LINEをご利用の方はこちら

LINEをご利用の方はこちら

当日の予約は埋まっている可能性がございます。
スケジュールには余裕をもってご予約くださいませ。