産後の骨盤矯正の考え方

当院のHPでは産後の骨盤矯正に関しては何も記載していないのですが、意外とお問い合わせや施術希望の方が多い。

他にも多くの治療院が「産後ケア」「産後の骨盤矯正」を提供しているので表立ってやる必要はないのだけど、

身体の仕組みについてもう少し深く知りたい方向けにここに書いておくことにした。

 

産後のトラブルを感じる前に、妊娠する前から何かしらのトラブルはなかっただろうか。

産後の骨盤矯正と言う名称は産後にフォーカスしすぎる傾向がある。

妊娠期~出産後の経過も個人差が大きいのは、それ以前の身体の状態も関係する。

 

産後に身体を整えたかったら、それまでの生活、生まれ持った体質、現在の習慣、いろんなところから見直すチャンスになる。

どこに不調が現れるかも違うし、みんな同じ施術方法で同じ結果にはならない。

産後に起きたから産後の問題と判断するのは早いのだ。

胃が痛いと思っていても、本当に胃なのかはわかりませんよね?

 

・腰痛や股関節、膝の痛み
・尿漏れ
・体型、下腹部のポッコリお腹
・腱鞘炎

 

ここで興味深いのは、産後すべての人がこれを経験するわけではないということ。

妊娠出産をきっかけに発生したのかもしれないけど、それが本当に骨盤に問題があるのかどうかは別問題。

産後の骨盤矯正という施術でうまくいったならいいけど、そうでなかったら産後という言葉から一歩遠ざかってカラダを見る必要がある。

 

また、産後骨盤矯正はしなければよくないと思っている方が多いけど必須ではなくて、

通常、自分のカラダの復元力(自然治癒力)が働いていれば日常生活や簡単な体操を続けるなかで時間が治してくれるもの。

昔は産後の骨盤矯正なんていう文化がなかったのだから、復元力を使っていなければ世のお母さん方のカラダはみんなとんでもないことになっているだろう。

実際はそんなことはなく、何もしていないのに元気な人もいる。

 

女性の身体には出産して元の状態になるプログラムも生まれながらにインストールされている。

産後の数々のトラブルは、そのプログラムを活かしていない、または活かせる全身状態にないということを表している。

では、どうして産後にトラブルを抱える人が増えたのか?

 

昔の生活と今の生活で大きく違うのは、

核家族化や共働きが進んでお母さんの身体を休める「間」がないこと。

慢性的にストレスにさらされていること。

これが母体の復元力を低下させているから。

また、一人目の時と二人目、三人目の時ではまた事情が違う。

産後の骨盤矯正は単純な骨盤“だけ”の問題ではないのだ。

 

人によっては骨盤のみならず全身を整える必要があるし、

睡眠不足、冷え性や低体温といった基礎状態も課題になる。

繰り返しになるけど、産後に不調が出たからといって骨盤に問題があるとは限らないのだ。

 

当院はもともと「産後」は気にかけるけどそこに絞らないでカラダ全体をみるので、産後の骨盤矯正というメニューは設けていません。

もし、他の場所で産後の骨盤矯正などを受けてうまくいかなかったとしたら、

もっと広い目で自分の健康を見る必要があるかもしれない。

そんな時に当院がお役に立てるんじゃないかなぁと思います。

余談の最新記事8件

>LINEでご予約・お問い合わせはこちら

LINEでご予約・お問い合わせはこちら

当日の予約は埋まっていてご希望に添えない可能性がございます。
スケジュールの余裕をもってご予約くださいませ。