更年期

更年期の症状とは

更年期障害は男女関係なく経験する可能性がある症状です。

これまでは50~60代の女性に多かった更年期障害も、近年は30代でも、男性でも見られます。不妊やメンタルの不調にもホルモンバランスが関係しているため、おかしいなと感じたら早めに対処しておきたい不調です。

代表的な症状

肉体面

  • 倦怠感や疲労感
  • 頭痛
  • 生理不順
  • ほてり、ホットフラッシュ
  • 首や肩、背中のこり、腰痛
  • 睡眠障害
  • 食欲異常
  • 急激な体重の増減
  • 性的問題(性欲の減退)
  • 便秘や下痢などの消化器の不調
  • 抜け毛

精神面

  • イライラしやすい
  • 気分の落ち込み
  • 不安
  • 楽しくない
  • 会話が億劫
  • やる気が出ない

女性の更年期

女性は40代から60代にかけて徐々にエストロゲンが減少し閉経へ向かいますので、年齢から判断と対処がしやすいものです。生理周期の乱れ、出血の仕方の変化、ホットフラッシュを経験される方が多いです。

婦人科ではホルモン補充療法などによってバランスを補い、更年期を楽に過ごすためのサポートが行われますが、一方で薬では副作用で肝機能障害などを引き起こすリスクがあります。

男性の更年期

男性も女性ほど大きくありませんが加齢とともに徐々に男性ホルモンが減少していきます。

男性の場合は生理がないため、更年期の症状を自覚しにくいので見逃されやすく、うつ状態で病院を受診したところ更年期が分かったという例も珍しくありません。

うつ状態が酷くなると自殺願望が現れる可能性もあるため、最近どこかおかしいなと異変に気付いた人が病院に行くことを勧める注意が必要です。

近年では生活習慣の乱れやストレスの影響で若年期からホルモン量が減少している男性もいて、男性不妊の原因にひとつになっています。

性欲があるのは自然なこと。異変に気がついたら早めに検査を受けてみましょう。男性更年期の場合も病院でのサポートはホルモン補充療法が中心で、必要に応じて心療内科的アプローチが施されます。

病院以外の更年期への対応

更年期による不調の原因はホルモンバランスが乱れることによる自律神経の乱れです。

ホルモンと自律神経は相関関係にあるので、自律神経のほうからバランスを整えても体調は改善します。

体は本質的に変化に弱いので、整体や鍼灸などで更年期の変化を穏やかにコントロールしてあげると、楽に過ごすことが可能になります。

どれか一つの方法にこだわらず、病院でのサポート、サプリメント、施術などご自身のニーズや状態に合った方法で組み合わせても問題ありません。

まとめ

  • 更年期は男女ともに起こりうるが、男性の方が気づきにくく深刻になりやすい
  • ホルモンバランスと自律神経は鏡の関係である
  • 1つの治療法にこだわらず、自分が楽に過ごせるよう最適な方法を選ぶ

WEBなら簡単に予約できます

初回特別施術は好評のためタイミングを見計らっていると予約が取れないこともございます。

施術中は留守電になっているためつながりにくいですが、専用の予約フォームなら休日夜間もすぐに予約受付が完了!

【入力は簡単ステップ】
①お悩みの症状
②予約を第二希望まで
③鍼灸または整体、施術にご指定がある場合はその旨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です