女性の不調

生理周期に伴う心身の不調

女性には周期的に変化する特有のホルモンバランスがあり、体内で分泌されるすべてのホルモンやシステムは互いに影響しあっているため、心身の広い範囲に影響します。

自覚症状として特に多いのは生理周期に伴う食欲の異常、イライラ、気分の落ち込み、頭痛、腹痛で、日常生活に支障を感じていたり、気になるようなら改善をしたほうがいいと判断できます。

近年、患者数の増加と若年化が進んでおり、不妊に悩む人も増えている背景に生物学的な女性の健康についての課題が考えられます。

妊娠や出産がきっかけにおこった心身の不調

妊娠や出産で大きな変化を経験する女性の身体は、本来は自然に回復していくのですが、体調不良、途中でトラブル(流産、ひどいつわり、妊娠高血圧、逆子、切迫早産、緊急帝王切開、吸引、難産など)を経験した、ストレス過多の環境にいる場合、自然治癒力・適応能力の低下から心身の不調につながっていく場合があります。

生物学的、社会的な要因で多い生理のトラブル

昔とは違う文化や生活環境において、親世代や祖父母世代と同じ理論では子育てができないことがあります。

生物学的に男性と女性は同じになることは不可能で、男性は外に戦いに出る仕事、女性は家庭での仕事が合っています。

しかし現代は女性でも男性と同じ土俵で働いている人が増えていて、ストレスで生理にトラブルを抱える人が増え、治療や薬で生理を誘発しようとしても全然改善しなかった生理不順が、ストレス因子を取り除くとあっという間に回復する例が多いです。

症状が起きるのには身体なりの理由があります。薬も手段ですが根本的には身体が症状によって何を伝えたいのか身体と対話することです。

WEBなら簡単に予約できます

初回特別施術は好評のためタイミングを見計らっていると予約が取れないこともございます。

施術中は留守電になっているためつながりにくいですが、専用の予約フォームなら休日夜間もすぐに予約受付が完了!

【入力は簡単ステップ】
①お悩みの症状
②予約を第二希望まで
③鍼灸または整体、施術にご指定がある場合はその旨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です